YouTubeの創業者が20代で810億円大富豪に!

人気の米動画投稿サイト、YouTubeをご存知の方は多いと思います。

結構マニアックな動画を見ている人も多いと思います。


YouTube創業した20代の2人が、YouTubeを大手グーグルに売却し、
計6億7100万ドル(約810億円)相当のグーグル株を取得したことが分かったそうです。

創業から2年足らずという異例の短期間で大富豪の仲間入りを果たしたとニュースになっています。


グーグルが米証券取引委員会に提出した資料によると、
創業者のチャド・ハーレー氏(29)が3億4500万ドル(約420億円)相当スティーブ・チェン氏(28)が3億2600万ドル(約390億円)相当の株を手に入れた。


 YouTubeは2005年創業開始。

自作ビデオや録画したテレビ番組を手軽に投稿・閲覧できることが人気を呼び、急成長したのですが著作権侵害の問題も指摘されている企業です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57330879

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。